Geek Day Off

【仮面ライダー電王】CSM版デンオウベルトを開封してみる【レビュー】

time 2017/09/27 21:24

【仮面ライダー電王】CSM版デンオウベルトを開封してみる【レビュー】

随分と前にプレミアムバンダイで予約しておいたCSM版デンオウベルトが昨日届いたので今回は開封して紹介していきたいと思います。

sponsored link

仮面ライダー電王とは

仮面ライダー電王とは2007年1月28日から2008年1月20日にテレビ朝日系列で放送されていた

佐藤健主演の平成仮面ライダー8作品目です

CSMデンオウベルト&ケータロス

デンオウベルトは主人公(野上良太郎)が変身するために使用するベルトで、

ケータロスはクライマックスフォームやライナーフォームに変身するために使用する携帯電話です。

商品内容

・デンオウベルト

ケータロス

・ライダーパス

G電王バックル

・ライダーパス(G電王ver.

・ライダーチケット6枚

開封前

届いたダンボールにはいつも通りCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONの文字があります

開けてみると中には白い紙で覆われているデンオウベルトの箱があり

箱の電王の写真もなかなか、かっこよく写っています。

早速開封していきたいと思います。

開封後

中を開けてみて一番最初に見えるのは10th ANNIVERSARYと文字の入った説明書が

ライダーチケット開封

それでは中にはいっていたライダーチケットから開封していきたいと思います。

ライダーチケットの質感としてはかなり光沢がありCSM版ディケイドのカードの質感にかなり近いと思います。

本体

次に、本体を見ていきたいと思います。

DXと比べてかなりの重量感のある質感になっていました。

また、今回のCSM版では本体底面にBGMボタンが有り、double actionなどを聞くことができます。

サブパーツ

次にケータロスやG電王などのサブパーツを見ていきたいと思います。

ケータロス

ケータロス単体とベルト本体につけたときの画像です。

ケータロス本体の塗装もかなりきれいで重量感がありました。

ですが、本体につけるときが少しかたくて壊れてしまいそうで怖かったです。

ライダーパス&G電王

G電王のバックルとライダーパスの画像になります。

ライダーパスに少しかすり傷のようなものがあったのが残念でした。

G電王装着後

バックル自体は普通のプラスチックでしたが、ベルト本体につけてイヴのセリフを聞くことができます

感想

NEW電王ベルト同様に今回のベルトもいつも通り完成度が高くケータロスやG電王のパーツがつくなど

かなり豪華なセットになっていました。

おまけ

デンオウベルトのライダーパスを飾るのにちょうどいいスタンドがあったのでアマゾンのリンクを張っておきます。

特撮やゲームなどが好きです。
好きな食べ物はあたりめとヤッターメンです。

sponsored link

down

コメントする




お知らせ

月別の記事

Twitter でフォロー



sponsored link